会社概要     沿革     アクセスマップ   設備一覧
沿  革
大正8年 故古林源也氏が鉄管およびバルブ商として古林商店
      (現古林産業機具株式会社)を創業す。
   
昭和14年 販売部門と製造部門を分離し、製造部門を移転、
       古林工業株式会社設立。
   
昭和21年 ベンド、ソケット、ニップルおよび砲金バルブの製作、国内産業復興に寄与。
   
昭和26年 ベンド製造工場の拡大、曲管設備の増強、総合曲管工場となる。
   
昭和33年 鋼製溶接式管継手エルボ熱間押出機を増設。
   
昭和35年 ソケット、ニップル、砲金バルブの生産中止。
   
昭和36年 (1) 第二工場を設立し、ベンド生産に専念す。
       (2) 本社工場は鋼製溶接式管継手の生産の合理化。
   
昭和37年 世界初の液圧バルジ成形法による鋼製溶接式管継手
       (T,クロス、径違いエルボ)の製作に成功、 新製品として国内外の好評を得る。
   
昭和39年 液圧バルジ大型機の完成設置
   
昭和40年 JIS B 2302ねじ込み式鋼管製管継手(ベント)のJIS認定工場となる。
        (ただし、昭和48年7月辞退)
   
昭和41年 本社工場がJIS B 2311、2312のJIS認定工場となる。
   
昭和45年 (1) 奈良工場(奈良県橿原市大垣町)の設立
       (2) 第三工場(西成区南津守)の設立
   
昭和46年 日本海事協会の認定品製造承認工場となる。
   
昭和50年 奈良工場がJIS B 2311、2312のJIS認定工場となる。
   
昭和51年 (1) 本社工場がJIS B 2313のJIS認定工場となる。
       (2) 第三工場がJIS B 2311のJIS認定工場となる。
       (3) 奈良工場が昭和51年度、工業標準化実施優良工場として大阪通商産業
          局長賞を受賞。
       (4) 本社工場が電力利用合理化企業の受彰。

昭和53年 (1) 大阪市中小企業投資育成株式会社の資本を受ける。
       (2) 資本金87,000,000円となる。
   
昭和54年 ステンレス鋼及び非鉄金属製管継手の生産、販売。
   
昭和56年 社会保険庁長官賞(健康優良事業所)を受ける。
   
昭和58年 本社・第三・奈良各工場がJIS B 2311の白管継手
       (溶融亜鉛めっき加工品)のJIS認定工場となる。
   
昭和59年 JIS B 2312及び2313のステンレス鋼製管継手のJIS認定工場となる。
   
平成2年 大阪労働基準局長賞(優良賞)を受ける。
      大阪労働基準局長賞(ゆとり創造賞)を受ける。
   
平成5年 本社工場が平成5年度、工場標準化実施優良工場として
      近畿通商産業局長賞を受賞する。
   
平成6年  (1) 本社工場が大阪市中小企業快適工場として表彰を受ける。
       (2) NK.船用事業所承認規則(5.2.1制定)に基づく工場資格を取得する。
   
平成7年 安全進歩賞(労働大臣)を受ける。
   
平成9年 本社・第三・奈良各工場がISO9002:1994の品質システムの認証を受ける。
       審査登録機関:(財)日本海事協会
   
平成14年 ISO9001:2000の品質マネジメントシステムに移行登録した。
   
平成18年 (1) エコアクション21・環境経営システムの認証を受ける。
          審査登録機関:(財)地球環境戦略研究機関
       (2) 東日本地区の物流の迅速化を図るため、関東倉庫の設立。

平成19年 新JISマーク表示制度の製品認証工場となる。